1ランク上のサイト構築

カスタムビルドのいいところ

September 24 , 2023 • by Shin Murakami

カスタムビルドのいいところ

カスタムビルドは言うなれば日本建築

D2flatで作成されたホームページは、伝統的な日本の建物、例えば「城」のようなものです。城は、独自の設計と技術で築かれ、堅固で耐久性が高く、何世代にもわたって立派に立っている。風や雨、さらには敵の攻撃からもしっかりと守られています。

一方、ワードプレスなどの一般的なCMSで作成されたサイトは、プレハブの家のようなものです。確かに短期間で組み立てることができ、便利である一方、標準的な材料や設計を使用しているため、特定の環境下では脆弱になることもある。

カスタムビルドの特徴

独自性: カスタムビルドはまさに「伝統的な職人技」のようなものです。伝統的な日本の家は、その土地や気候、住む人のライフスタイルに合わせて独自に設計されます。同じように、カスタムビルドのウェブサイトは、ビジネスの特定のニーズや目的に合わせて設計されるため、他のサイトとは一線を画します。

堅固さ: 古い日本の城や神社は数百年にわたって風雨に耐えてきました。これは、それぞれの場所や環境に合わせた独自の建築技術によるものです。カスタムビルドのサイトも、特定の目的やターゲットに合わせて最適化されているため、外部の攻撃や突発的なトラフィックの増加にも強いです。

最適化: 伝統的な日本の家は、風通しや日照を最大限に取り入れる設計になっています。これにより、効率的にエネルギーを使用し、快適な生活空間が保たれます。カスタムビルドのサイトも、ユーザーのニーズや検索エンジンの要件に合わせて最適化され、ページの読み込み速度やUXが優れています。

拡張性: 伝統的な日本の家は、必要に応じて部屋を追加することができる「間仕切り」のシステムを持っています。カスタムビルドのサイトも、将来のニーズに合わせて機能を追加することが容易です。

オリジナル性: 伝統的な日本の建築物は、一つ一つがオリジナルで、同じものは二つとして存在しない。カスタムビルドのウェブサイトも、そのビジネスやブランドのオリジナルの価値を最大限に引き出すことができます。

メリットとデメリット

ウェブプラットフォームを使用する場合と手作り(カスタムビルト)のウェブサイトを作成する場合のそれぞれのメリットとデメリットは以下の通り。

ウェブプラットフォームを使用する場合
メリット
  • 使いやすい: プラットフォームが提供する多くのテンプレートやウィジェットを使用して、手軽にサイトを作成できます。
  • 速度: 基本的な機能がすでに構築されているため、比較的短時間でウェブサイトを立ち上げられます。
  • 維持コスト: セキュリティアップデートや新機能の追加がプラットフォーム側で管理される場合が多いです。
  • 初心者向け: コーディングスキルが少なくても、比較的簡単にプロフェッショナルなサイトを作成できます。
  • デメリット
  • 柔軟性の制限: プラットフォームが提供する範囲内でしかカスタマイズできません。
  • 独自性の欠如: 多くの人が同じテンプレートを使用するため、独自性が失われがちです。
  • 費用: 一部の高度な機能やテンプレートは追加料金が必要な場合があります。
  • パフォーマンス: 余計なコードやプラグインが多いと、サイトの速度が遅くなる可能性があります。
  • 手作り(カスタムビルト)のウェブサイト
    メリット
  • 高い柔軟性: 必要な機能やデザインを自由にカスタマイズできます。
  • 独自性: 他のウェブサイトと同じテンプレートを使用することがないため、独自のブランドイメージを築くことができます。
  • 最適化: 必要なコードだけを書くことができるため、パフォーマンス(速度、SEOなど)を最適化しやすいです。
  • 独自の機能: 特定のビジネス要件に合わせた独自の機能を追加することが可能です。
  • デメリット
  • 高いスキルが必要: HTML, CSS, JavaScript、バックエンドの言語など、多くの技術を習得する必要があります。
  • 時間と労力: 一からすべてを作るため、時間と労力がかかります。
  • 維持コスト: セキュリティアップデートや機能追加など、維持にも時間とコストがかかる場合があります。
  • テストとデバッグ: すべてを自分で作成するため、テストとデバッグにも手間がかかります。
  • くま ねこ うし いぬ ねずみ
    くま ねこ うし いぬ ねずみ

    お店(ローカルビジネス)のJSON-LD

    お問い合わせはこちらから!