【IPhone VS Android】日本と世界におけるスマホOSのシェア率分析

MAY 24 , 2015 • by Shin Murakami

「IPhone VS Android」どっちが人気あるんだろう?

日本で大人気のiphone。私も使っています。一方で最近では性能もデザインも申し分ないアンドロイド。どちらの方が良いのかは永遠のテーマだと思います。その答えは実際のシェアに現れているはずです。

実際に日本人の何%の人がiPhoneを使っているのでしょうか?また、世界ではiPhoneとAndroidのシェアはどうなっているのでしょうか?

日本・世界におけるスマートフォンのOSシェアを、2017年の最新データ&2012年からの履歴で分析しました。そして「iPhone VS Android」の勢力図を解明していきます。ソースには、統計データサイト「StatCounter」を利用しました。世界では現在、iOSよりも、Androidのシェアの方が圧倒的に高いようです。世界ではAndroidのシェアが毎年上がっており、2017年では70%を超えています。逆に、iOSのシェアは下がり傾向で、2016年から20%を下回っています。この表から、世界では圧倒的にAndroidのシェアが高く、さらにその傾向は年々強くなっていることが分かります。Windows Phoneは伸び悩んでいますね。

年度別各機種シェア率
iOS(iPhone)AndroidWindowsその他
2012年24.04%27.41%48.55%
2013年 24.03% 39.21% 1.59%36.76%
2014年 23.95% 53.65% 2.35%22.40%
2015年 20.20% 64.20% 2.29% 15.60%
2016年 19.29% 69.11% 1.75% 11.60%
2017年 19.59% 71.95% 1.03% 8.46%
201820.4775.450.473.61
201922.7175.470.211.61
2020

Categories: Design, Events Tags: #html, #trends

Let's Get Started